朝のドラめもん

2021/11/26

お題「FOMC議事要旨ネタの続きでございます」

何と・・・・・・・・
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-safrica-idJPKBN2IA1OR
2021年11月26日5:22 午前
南アで新たなコロナ変異株、免疫反応回避などの特徴

〇11月FOMC議事要旨ネタの続き(今度は逆順読みではありません)

https://www.federalreserve.gov/monetarypolicy/fomcminutes20211103.htm
https://www.federalreserve.gov/monetarypolicy/files/fomcminutes20211103.pdf

Minutes of the Federal Open Market Committee
November 2-3, 2021
A joint meeting of the Federal Open Market Committee and the Board of Governors of the Federal Reserve System was held in the offices of the Board of Governors on Tuesday, November 2, 2021, at 1:00 p.m. and continued on Wednesday, November 3, 2021, at 9:00 a.m.1

『Participants' Views on Current Economic Conditions and the Economic Outlook』を頭から昨日読んだ所の手前までまず読んでみます。

第1パラグラフは経済の全体的な認識と見通しになります。1パラの最初は基本的に声明文で示された認識を記載したところから始まるというのはお約束みたいなもんですのでサラサラと。

『In their discussion of current conditions, participants noted that, with progress on vaccinations and strong policy support, indicators of economic activity and employment had continued to strengthen. The sectors most adversely affected by the pandemic had improved in recent months, but the summer's rise in COVID-19 cases had slowed their recovery. Inflation was elevated, largely reflecting factors that were expected to be transitory. Supply and demand imbalances related to the pandemic and the reopening of the economy had contributed to sizable price increases in some sectors. Overall financial conditions remained accommodative, in part reflecting policy measures to support the economy and the flow of credit to U.S. households and businesses.』

ここは声明文で示された話と同じ。

『Participants noted that the path of the economy continued to depend on the course of the virus. Progress on vaccinations and an easing of supply constraints were expected to support continued gains in economic activity and employment as well as a reduction in inflation, but risks to the economic outlook remained.』

「経済の先行きパスは感染症次第」、という話ですが、スタッフ見通しの中ではこの内訳に関して多少気になる(個人の感想ですが)記載がされていて、こっちでは何かふわっとしか書いていない事がある、という辺りに味わいがありますので後程。


次のパラは主に経済活動全般の現状認識と先行き見通し。

『Participants observed that growth in economic activity had slowed in the third quarter to a rate significantly below the robust pace seen in the first half of the year. The spread of the Delta variant had contributed to the slowdown in growth in the third quarter by damping household and business spending, holding down labor supply, and intensifying supply chain disruptions.』

ここまでは7−9月期の経済活動状況がデルタ株再流行によってスローになったよねという現状認識。

『Participants noted that the underlying conditions supporting growth in demand remained strong and that, as the number of COVID-19 cases remained well below the summer's levels, growth in economic activity would likely show a pickup in the fourth quarter.』

『They further foresaw robust growth in 2022, supported by progress on vaccinations and an easing of supply constraints.』

その後コロ助のペースが夏の状況から大幅に改善されていることもあり、4Q以降は米国経済の活動はピックアップするじゃろ、という見通し。


3パラから先は個別コンポーネントです。まずは家計部門。

『In their discussion of the household sector, participants remarked that demand for most consumer goods had remained strong. They noted that businesses had generally recorded robust sales despite labor shortages and other supply disruptions that had prevented them from fully meeting higher demand for their products. Participants interpreted available data as suggesting that the spread of the Delta variant had slowed the shift of consumer demand toward purchases of services and away from spending on goods, stretching out the full reopening of the economy and intensifying supply and demand imbalances. Participants observed that households had strong balance sheets and that consumer spending would also be supported by accommodative financial conditions. A number of participants noted that there was likely to be a drag on household spending as previous fiscal support faded, or that fiscal policy might provide some support to aggregate demand if the Congress authorized major new federal appropriations.』

何か話の切り処が無かったので1パラまるまる引用しちゃいましたが、家計部門の需要については基本的に強いのですが、デルタ株がヒャッハーしだすとさすがに消費が抑制されます(ので今後も変異株注意)というのと、コロ助対策財政措置の終了による抑制要因があるよね、って話をしています。

あと、まあ別にそこはアタクシの趣味で気になっただけで多分そんな意味も無いのかとも思いますが、この家計セクター強いでっせ話の中で、「Participants observed that households had strong balance sheets and that consumer spending would also be supported by accommodative financial conditions.」ってありまして、昨日ご紹介した後半のインフレやらファイナンシャルスタビリティやらのネタの方では住宅価格がヒャッハーしていることについてレントの上昇がペインというような話を入れていましたが、上記のように「家計のバランスシートの改善による消費の強さ」という話をする場合は、当然ながら住宅市場が堅調に推移しているのでホームエクイティーでよーしパパ夢のロールスロイスを買っちゃうぞー(は大袈裟ですが)みたいなのを別に全面否定してバブル退治じゃ住宅価格暴落や!みたいな話をする訳ではない、というのも入っていますな。

つまりですね、今回テーパーだの後に利上げか(償還再投資停止による)バランスシート縮小だって話が出るにしても、住宅価格があんまり下がられると困るとか、資産価格があまり下がられると困るとか、いろいろと虫の良い事は考えているっぽいので、その点からするとバーナンキの時のスタイン理事のような「金融不均衡」の一点突破でのテーパリングではなくて、昨日ネタにした部分って(インフレに関する認識以降の部分を引用している、というのを差し引いて考えましても)インフレの上振れというのと、インフレ期待が走錨してアッパーサイドに大漂流で遭難待ったなし、というような辺りの話を延々とぶっこんでいまして、他の部分が割とこうおざなりと言いますと表現が悪いですが、やや取ってつけたような感のある書き方に見える(個人の感想です)ので、そういう意味では今回のテーパーと利上げ(アタクシは利上げじゃなくてバランスシートの縮小を先に狙ってくるという可能性も考えていますが、資産価格のヒャッハーを抑制しながら景気はあんまり殺したくないので利上げはしない、というのであれば)は「インフレとインフレ期待」の1点(2点?)突破でぶっこみますヨ、というのを明確に示したのが今回の議事要旨だったかな、と思っておりますので、まあ目先テーパー加速するとかその手の話は物価の各種インデックスを目を皿のようにしてみていけばエエンチャウの、と割り切って考えて行こうと思います。


次のパラ(第4)は企業活動に関して。

『Participants remarked that supply chain challenges and limited labor availability continued to be major constraints on manufacturing activity and the business sector more broadly. Bottleneck pressures faced by businesses were accompanied by global supply chain disruptions associated with major backlogs in shipments and transportation as well as surging demand for a variety of goods, shortages of labor and other inputs, increases in costs of production, and depleted inventory levels in key sectors.』

多くの供給制約が企業活動を阻害しています、という話で、グローバルなサプライチェーンの不調や、海運や運送などの滞り、一方で多くの財に需要が高まっており、それに対して労働供給が足りず、供給要因によって投入が足りなくて、生産コストの上昇や在庫の払拭がキーとなるセクターで起きています。

『Many business contacts had experienced a worsening of supply chain problems, and participants reported that firms had responded to these challenges by taking a variety of actions, including raising prices, turning away customers, restructuring supply chains, and using alternative, but higher-cost, shipping options.』

この問題に対応するために企業は色々な対応をしている、という説明があるのですが、結局コストが上がる話と価格転嫁をする話をどのコースを使ってやるか、という話になっておりますな。そりゃそうだ。

『Participants judged that supply constraints would likely continue for longer than they had previously expected.』

でもって供給制約はこれまでの想定よりも長期化すると見られる、と参加者は判断した、という表現になっていて、これは皆さんの共通認識って所でしょう。


第5、第6パラは労働市場。まずは第5パラグラフです。

『Participants noted that data received over the intermeeting period indicated that labor market conditions had continued to improve. Al-though the September increase in payrolls had been moderate compared with recent months, the unemployment rate had declined further and previous months' job growth had been revised up. Participants observed that September's rise in payrolls had been held down by a shortage of workers, in part reflecting the ongoing effect of the virus on labor supply decisions.』

『With COVID-19 cases expected to remain below the summer's levels, participants anticipated better payroll numbers in the months ahead. Participants indicated that District contacts continued to report difficulties in finding and retaining workers and that, in addition to offering higher wages, businesses were turning to increased use of automation.』

このパラも話の流れが切りにくいのですが、労働市場に関しては強いしお賃金は好調好調という認識を示していて、問題となる今後の話ですが、一つにはコロナ感染症動向がシナリオ(夏のようなアイヤー状態から落ち着いて推移する)通りならば労働参加率が改善していくのではないか、という見方があるものの、ただ各地区連銀レベルで拾ってくるアネクドータルな話しでは、企業は引き続き必要な労働者の採用および人員維持に苦労しており、賃金を上げるとか、人が居ないなら自動機を買えばいいじゃない攻撃に打って出るとか、そういう状況になっていますよという話。


第6パラグラフに行きます。こっちは労働市場の状況に関するパーティシパントの見解コーナーになっています。

『While recognizing that labor market conditions varied significantly across the country, some participants cited a number of signs that the U.S. labor market was very tight: These included data on quits, job availability, and stronger rates of nominal wage growth reflected in the recent rise in the employment cost index, as well as the readings provided by the Federal Reserve Bank of Kansas City's Labor Market Conditions Indicators.』

数名some participantsは各種指標を見ても労働市場はタイトである、ということでこれでもかと色んな指標を出しています。

『A number of participants observed that the labor force participation rate remained well below the level reached before the pandemic. Several participants judged that labor force participation would be structurally lower than in the past, and a few of these participants cited the high level of retirements recorded since the start of the pandemic. Several other participants suggested that labor supply was currently being depressed by pandemic-related factors such as disruptions related to caregiving arrangements and noted that the importance of such factors would likely diminish as economic and public health conditions improved further.』

この辺は労働参加に関する現状や先行き見通しの話で、現状はパンデミック前よりも盛大に低い労働参加率にとどまっており、んじゃ今後どうなるか、という話に関しては2つの方向の意見が合って、数名Several participantsはこの低下は人口動態によるものが多分に含まれておりプレパンデミックの時よりも構造的に下がっていくのではないか(=労働市場は今後もタイト)としていおり、他の数名Several other participantsは、この労働参加の減少はコロナ関連、例えば託児関連業界の閉店によって労働市場に参加できない人が居る、などのような要因の方が強く、パンデミック一巡後に労働参加が増える(=ので今の数字は隠れたスラックをカバーできていない)というのに意見が分かれていますな。


でもって7パラのインフレ以降は昨日ネタにした通りでした、今回の議事要旨に関しては結局のところ問題になっているのが、現状の高インフレが長期化しやがらないか、というのと、それに伴ってインフレ期待が走錨を始めないかどうか、という点であり、それに金融政策としてどないかせんといかんぜよとなるのかならないのか、という所にメッセージを集中していますな、と思いましたので(個人の感想です)12月のFOMCまでまだ若干間がありますからどう転ぶのかはよくワカランチなところはあるにせよ、現世利益的な発想では12月FOMC前に出て来る物価関連およびインフレ期待関連の経済データやサーベイデータを集中してみておけばエエンチャウノ、とは思いました。



・なおちょっと気になった点

さっき引用した1パラに戻りまして、

『Participants noted that the path of the economy continued to depend on the course of the virus. Progress on vaccinations and an easing of supply constraints were expected to support continued gains in economic activity and employment as well as a reduction in inflation, but risks to the economic outlook remained.』(再掲)

ってのがあったと思うのですが、感染症次第ですね経済は、という感じで先行きに関するメインは当然ながらコロ助退治だぜヒャッハーの方向ですわな。

でもって昨日引用した方にあったのですが、先行きのリスク認識の中で、

『A few participants mentioned an upsurge in COVID-19 cases during the coming winter or an emergence of new virus strains as possibilities that, if they were realized, would damp economic activity and intensify price pressures.』

とありまして、数名A few participantsの指摘として、コロ助のヤローがまた猛威を振るうナリ、となった場合において、供給制約がまーたまた高まることになるので、それによって供給制約あばばばばーからの企業活動の低迷、ってのと同時に供給制約あばばばばーからの物価上昇、という一番中央銀行涙目の展開になるリスクの記述がありますわな。

ところでですね、今回まあ普通に真面目にパーティシパントの議論パートを頭から読みますと、『Staff Economic Outlook』というのが直前にあってこれが気になったのよ。こちらは3パラしか無いんですが、まあめんどいのでアタクシが気になった、というその中の3パラ目に記載されているベースラインシナリオに対するリスクの部分を引用しますね。

『The staff continued to judge that the risks to the baseline projection for economic activity were skewed to the downside and that the risks around the inflation projection were skewed to the upside.』

経済活動のリスクはダウンサイドの方が大きく、物価のリスクはアップサイドの方が大きいと来てますよね。

『In particular, the possibility of another sizable wave of COVID-19 cases in the winter was seen as an important source of downside risk to activity, while the possibility of more severe and persistent supply issues was viewed as an additional downside risk to activity and as an upside risk to inflation.』

特に、ということで新しい新型コロ助がオリャーと冬に拡大しようものなら、それは経済活動を押し下げて物価を押し上げるリスクが高いんですけど、という風になっておりまして、まあ当然ちゃあ当然の認識なんでしょうけれども、この部分をパーティシパントの議論パートではあっさり味で目立たないように書いておいて、しらっと(読んでてパスる人が多そうな)スタッフ見込みの中にきっちり書いている、という辺りは物凄く気になりましたし、その中銀涙目の展開の時に何をするのやら、という話を見たかったですなー(そんなの仮にあっても議事要旨には出さないでしょうし、そういう作り方でしょこれは、と思いましたけど)ってな感じです。


#ECBの方はおいおい




トップページに戻る